動物も家族の一員|愛猫の肝臓病に警鐘が鳴る|食欲旺盛な仔ほどかかりやすい
女の人と犬

動物も家族の一員

御骨

霊園や納骨堂の利用も

大阪は東京、神奈川に次いで日本でも3番目に人口の多い大都市です。人口の多さに比例してペットを飼っている人の数もほかの都市に比べて群を抜いています。ペットはショップで簡単に購入できるため犬や猫などの哺乳類のほか鳥や魚類、爬虫類など多岐に渡っています。特に犬や猫など人懐っこい動物は単なるペットではなく家族の一員のように愛されていることも多いのです。大阪ではそんなペットが亡くなった場合、火葬業者に依頼して供養するケースが増えています。火葬業者はペット供養のための霊園や納骨堂などを用意しているところも多くあります。火葬してお骨になったペットの骨は自宅で供養することもありますが、大阪では霊園や納骨堂に納める人も増えています。

思い出を大事にしよう

大阪の霊園は個別のお墓やほかのペットと合同で埋葬する供養碑などがあります。ここではお盆やお彼岸など季節ごとに慰霊祭などが行われます。納骨堂は大阪市内など交通のアクセスのいい場所にあることが多く人気になっています。費用は霊園でお墓を建てるよりも安いのも納骨堂の魅力です。最近はペット供養に散骨を選ぶ人も増えています。海や山などに粉状にしたお骨を散骨するのです。個人で行う場合もありますがペット火葬の業者が船やヘリコプターなどを用意してくれるサービスもあります。そのほかのペット供養は、お骨をペンダントの中などに入れて身につけておくという形もあります。どんな形であれペットの思い出をいつまでも大事にしていればそれがペット供養になるのです。