ドッグ

動物も家族の一員

御骨

大阪では人口の数に比例してペットを飼う人も多くなっています。そのペット供養に霊園や納骨堂を利用することもあります。ほかに海や山に散骨をしたりペンダントなどに加工して身につける人もいます。また、ペット供養の際にはペットとの思い出を大切にしておくといいでしょう。

もっと詳しく

子犬を購入するなら

飼い主とペット

ペットショップで気に入ったワンちゃんが見つからない場合はブリーダーのサイトが便利です。ここで気に入った子犬を見つけることができます。近い場合は犬舎に見学に行けます。購入した子犬には30日間の健康保証サービスもついています。

もっと詳しく

いつもと様子が違ったら

猫

肝臓は、消化を助けたり、体の中の毒素を取り除くために必要な臓器です。人間と同様に、猫も肝臓病になるケースがあります。猫の肝臓病にもいろいろな種類があります。肝炎や肝硬変は、人間よりも罹患する割合が少ないですが、ウィルスに感染することで罹患します。また、人間同様に肥満になっている猫は肝臓病になりやすいですし、遺伝的な要因も無視できません。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれていて、病気になっても症状があらわれにくい面があります。なので、気が付いた時には病気が重度に進行している場合も多いので注意が必要です。肝臓病の予防には適切な食事を与えることが大切ですが、早期発見・早期治療には定期的な健康診断を受けることをおススメします。

可愛い猫には、美味しい食事を与えたいと思うのは当然のことです。猫が欲しがるものをすべて与えたいと思っても、食べ過ぎは当然肥満につながるので、エサの量には注意を払わなくてはいけません。また、人間と同じ食事を与えたいと思っても、人間とは違い猫は肉食です。猫が必要とする栄養素は人間とは違うので、人間と同じ食事を与えるのは危険です。猫には猫のペットフードを与えることが大切です。肝臓病にかかると、元気がなくなったり、下痢や嘔吐が続いたり、おしっこの色が濃くなったりします。肝臓病ではなくても、いつもと違った様子を見せていたら重症化させないためにも、速やかに動物病院で診察してもらいます。肝臓病だと診断されたら、医師の指示に従い、必要であれば肝臓病用のペットフードに変更します。

新しいデザイナードッグ

ドッグ

チワワとトイプードルを交配させたデザイナードッグをチワプーと呼び、最近は日本でも飼育する方が増えてきています。しかし、まだまだ一般的ではないので、購入したい場合はチワプーを繁殖している犬舎を利用しましょう。

もっと詳しく